スタッフブログ

家計にも自然にもやさしいエコライフを
多くの家庭で実現できるようご提案いたします。

夏がもう終わっちゃいますね~

こんにちわー
今回のブログ担当の郡山支店 後藤です。
宜しくお願いします。

お盆も過ぎましたが、残暑が厳しい日々が続きますね。
まだまだ熱中症には気を付けましょう!

私がいる東北地方ですが、今年の夏は何とも言えない夏の日々でした。
とにかく曇り・雨の日々。
晴れ間が出たかと思えば、長くは続かずに曇り・雨に逆戻りの繰り返しというのがしょっちゅうありました。

 

 

ニュースで見かけましたが、8月前半の東北地方の日照時間が、平年の2~3割程度しか無かった地域もあったそうで、原因として、例年この時期にはないオホーツク海高気圧が出現し、冷たい風『やませ』が流れ込んでいる為との事でした。

この冷夏により、農作物等への影響も懸念されていますが、もちろん、太陽光発電にとっても無関係な話ではありません。

太陽光発電にとって、何より一番は晴れてくれる事です!
夏場は、1年間を通じて、発電量が多い時期ですから尚更ですね!

曇りや雨の天気でも、太陽光発電はちゃんと動いてくれます。
とは言っても、晴れている時と比べて、条件によりますが、10~50%程度しか発電してくれません。
これでは十分な発電量とは言えないですよね。

それだけに、曇り・雨の天気が続いてしまったのはとっても残念でした。
でも、安心してください。そんな時の為にハイブリット太陽光発電(スマートPV)があります。
天気が良くない日や太陽が沈んだ後でも蓄えた電気を使えるんです。
素晴らしいですね!!
でも一番は夏は、夏らしく天気の良い日が続けばいいと思います。

個人的にも、からっと晴れた日差しが差す夏が来る度に、密かにテンションを上げていただけに、不完全燃焼な気持ちです。

洗濯物も全然乾きませんしコインランドリーは、フル回転ですが(笑)

 

 

 

 

最近は、天気も回復してきたようで、晴れの天気も増えてきました。
今までスッキリしなかった分、これから挽回できるよう、晴れ間が続いて欲しいです。

お天道様にお祈りしときます。暑過ぎない位に晴れてくれますように(笑)

以上、郡山支店 後藤がお送りしましたー。

次回は、水戸支店 富田がお届けいたします。

 

  • シミュレーション

  • シミュレーション
  • 「我が家で太陽光はどれぐらい発電するの?」が知りたい方は、コチラからお気軽にお問い合せください。

  • お問い合わせ
  • お見積もり

  • お見積もり
  • 「我が家ではいくらかかるの?」が知りたい方は、コチラからお気軽にお問い合せください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求

  • 資料請求
  • 「詳しい資料をみて考えたい」という方は、コチラからお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせ

Copyright @ Nihon Ecolife Co.,Ltd.All Rights Reserved.