スタッフブログ

家計にも自然にもやさしいエコライフを
多くの家庭で実現できるようご提案いたします。

食もエネルギーも自給自足の時代

仙台支店の長﨑です。

 

今日から早いもので11月ですね。
そして、昨日10月31日はハロウィンでした。
先週末辺りから、町を歩くと仮装をした人を見かけました。
私が見た中で一番凄いと思ったのが、『美女と野獣』の野獣のコスプレをした方がいらして、ものすごくクオリティが高くてビックリでした。

 

さて、ハロウィンと言えば元々は収穫のお祭り。
お客様とお話ししていると、農業をやられている方から「今、まさに収穫の時期で~」なんてお声をよく聞くようになりました。
農業、とまではいかずとも、趣味でカボチャやナスなどの野菜を育てたり、庭先で家庭菜園などをやっていたりする方も多いのではないでしょうか?
自分で育てたものを自分で食べる。少しでも自給自足が出来ていれば、作った喜びもありますし、いざというときの備えにもなりますよね。

 

太陽光発電も、これと同じ考え方なんじゃないかなと私は思うのです。
自分で作った電気を自分の家で使う。モニターで発電量を確認して、こんなに発電してくれている!と一喜一憂して、そして勿論、いざというときの備えにもなる。
その“備えになる”、というのが、今話題の創蓄連携システムです。

 

実は家庭菜園と太陽光発電は似ている、と考えると、太陽光発電が今までよりも少しだけ身近に感じますよね。
食も、エネルギーも、自給自足の時代です!

 

そんな自給自足の生活にご興味のある方は。。。
ぜひお気軽に(株)日本エコライフまでお問い合わせください!

 

次回はお隣の盛岡支店よりお送りいたします。

  • シミュレーション

  • シミュレーション
  • 「我が家で太陽光はどれぐらい発電するの?」が知りたい方は、コチラからお気軽にお問い合せください。

  • お問い合わせ
  • お見積もり

  • お見積もり
  • 「我が家ではいくらかかるの?」が知りたい方は、コチラからお気軽にお問い合せください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求

  • 資料請求
  • 「詳しい資料をみて考えたい」という方は、コチラからお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせ

Copyright @ Nihon Ecolife Co.,Ltd.All Rights Reserved.