スタッフブログ

家計にも自然にもやさしいエコライフを
多くの家庭で実現できるようご提案いたします。

3.11から5年

本社の佐久川です。

 

 

東日本大震災から5年が経ちました。

私達の仙台は、復興も進み生活をしています。

 

先日、気仙沼市本吉に行く機会があり南三陸町志津川を通りましたが

あまり復興工事が進んでいるようには、見えませんでした。

やはり、人口の多い市町村と少ない市町村との差なのか・・・

 

①②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月12日にベガルタ仙台の試合がユアテックスタジアムで行われました。

被災地の「希望の光」となるべく走り続けるをテーマに戦い見事、勝利しました。

 

チーム名の「ベガルタ」は、仙台七夕にちなんで

七夕の「織り姫」と「彦星」とされる星の名前、「ベガ (Vega)」と「アルタイル (Altair)」を合わせた造語だそうです。

 

いままでも、これからも東北のみんなに勇気と元気を届けてほしいと思います。
私達、日本エコライフも応援します。

 

③④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年くらいから、蓄電池をお求めいただくお客様が多くなりました。

今までは、電気を創るを目的とした太陽光発電からエネルギー地産地消を目的として

太陽光で創り、蓄電池で蓄え、上手に使うと言う考えのお客様が増えたと思います。

 

 

今考えると震災時に太陽光と蓄電池がもっと普及していたなら夜に不安をもつ事がなかったと思います。

各ご家庭によって生活のリズム・スタイルも違うと思います。蓄電池も容量や機能もメーカーによって違います。

 

 

(株)日本エコライフでは、多くのお客様にエネルギーの大切さとありがたさを伝えるのと共に

太陽光や蓄電池のご紹介をさせて頂きます。

どんな質問でも構いませんので、お問い合わせください。

 

1日でも早く東北の皆様が笑顔で生活できる日が来ることをお祈りいたします。

 

 

次回は新潟支店 安藤よりお送りいたします。

  • シミュレーション

  • シミュレーション
  • 「我が家で太陽光はどれぐらい発電するの?」が知りたい方は、コチラからお気軽にお問い合せください。

  • お問い合わせ
  • お見積もり

  • お見積もり
  • 「我が家ではいくらかかるの?」が知りたい方は、コチラからお気軽にお問い合せください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求

  • 資料請求
  • 「詳しい資料をみて考えたい」という方は、コチラからお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせ

Copyright @ Nihon Ecolife Co.,Ltd.All Rights Reserved.