お知らせ

家計にも自然にもやさしいエコライフを
多くの家庭で実現できるようご提案いたします。

普段の生活でも大活躍!!

こんにちは!
今回は水戸支店より廣澤がブログを更新させて頂きます。よろしくお願い致します。

 

日に日に秋も深まりいよいよ紅葉のシーズンですね。

先日テレビを観ていたら半年ぶりに箱根ロープウェイが動き出したとのニュースがやっていました。

 

箱根の紅葉も見頃となり外国人観光客で毎日賑わっているようです!

 

もみじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉が終わるといよいよ・・・12月クリスマスですね!

水戸支店でも毎年クリスマスツリーを飾るのですが、その時に大活躍するある物が

あります!!!それは・・・

 

こちら(^^♪

 

水戸ちくでんち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水戸支店にある蓄電池です!!

この蓄電池にたまった電気を使ってクリスマスツリーが綺麗にライトアップされます。

(今年はまだなので実際の写真がなくスミマセン(:_;))

 

 

ちなみに普段社内の掃除をする際にこの蓄電池の電気を使って掃除機をかけているんです!!!

それ以外にも、空気清浄器を使ったり・・・

皆さんのお宅にエコをご提案するだけでなく、支店内でも節電したりエコを意識して過ごしています。

 

 

ちきゅう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水戸支店では茨城県内を中心に毎日エコな暮らしをご提案しています。

皆さんが笑顔になるご案内ができるように日々頑張りますので茨城県にお住まいの
皆さまどうぞよろしくお願い致します。

 

次回は大宮支店の藤澤からお送り致します。

簡単に作れる自然エネルギー

株式会社 日本エコライフ 仙台支店の小松です。

仙台では、朝晩一気に冷え込む時期になってきました。

 

最近、「地球温暖化」深刻・・・と災害がある度に記事が出ます。
地球の北半球の温度が上がっていて、南半球は低くなってるらしいです。
これは、人間の生活が地球の下半身が冷えさせ、上半身が汗をかいてる状態。
異常気象が続くのも当然です。

 

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、北極クマが、溺れていく姿をテレビで見ました。

動物好きの方からすると、声を上げてしまうくらいショッキングな映像だと思います。

氷から氷まで距離があまりにも遠く、泳ぎ疲れ、たどり着いた氷は薄く割れてしまう。

何とかしてあげたくても何も出来ない。

 

人間が、今の汗をかく地球を作ったのであれば、汗が出ない地球を人間が作る事が出来る。
その為には、一人一人の意識を変えていかないといけない。
少しでも、気付かせていかないといけない。

 

image2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番の原因は、産業を発展させる為の石油、石炭、ごみを燃やし続けている事です。

 

もちろん、生活は豊かになっています。
これからは本格的に大量の石油、石炭に代わるエネルギーを作っていくには、
今までは、民営、民間が中心となってエネルギーを作り出していましたが、
一般人で、それも個人でエネルギーを作り出す事が出来るなら、どんなに簡単で、どんなに頼もしいか。

 

image3

 

 

 

 

 

 

 

もし、何か出来るとしたら、
石油、石炭を少しでも自然のエネルギーの変える事が出来る事といえば、

 

image4

 

 

 

 

 

 

 

太陽光発電。

身近に、しかも、手軽に出来てしまう。
手軽に出来るなら、一人でも多くの人に自然エネルギーを作ってほしいです。
知ってほしいです。そして、災害時に、何かあった時に、家族を守る為に、

今は、電気を貯める事が出来る太陽光発電が生活を守るでしょう。

家族を守る事が地球も救っていく。

 

image5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおうっ

 

次回は水戸支店の廣澤からお送りします!

雪国でも大丈夫!

こんにちは。
盛岡支店の高橋です。
今回は私が担当させていただきますので
よろしくお願いします!

 

盛岡支店から見える岩手山は、9月30日に初冠雪でした!

 

岩手山 冠雪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋が短い岩手…

 

昨年も岩手山の初冠雪が早かった記憶がありますが、
今年はそれ以上に早かったです。
平年より13日早く、昨年より7日早かったとのこと。
数日前に岩手県宮古市の区界高原を通った時にも
雪が舞っていました。日中なのに気温3度…
同日盛岡市内も雪が舞っていたそうです。
早めのタイヤ交換が必要ですね!!

 

盛岡支店では、北東北(岩手・青森・秋田)を中心に
お客様への訪問をしています。
そこで必ず言われることがあります。

 

【雪降る地域で太陽光なんて意味ないべ!】

お電話や訪問した際に8割以上の方が仰います。私もそう思っていました!

 

【沖縄とか雪が降らない地域の方が良いに決まってる!】

と…。入社して太陽光発電について勉強していると驚きのデータが!!

 

【盛岡市と東京都千代田区の年間発電量に大差がない!】

 

長州 年間推定発電量

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それどころか、沖縄県那覇市と北海道帯広市に至っては
帯広市の方が発電できているんです!

 

太陽光発電に太陽の光はもちろん必要不可欠です。
だから東北は雪が(屋根に)積もると発電できなくなってしまいます。
事実、冬は期待できません!
ただ、春先から秋にかけての発電量は東北の方が良いんですよ!
梅雨が短い、台風の直撃が少ない、夏場の気温が南の地域ほど高くない。
太陽光パネルは高温になるほど発電効率が落ちます。
だから北海道、東北の年間発電量が予想より良いんですよ!

 

しかしながら、お家の条件によって発電量が変わってきます。

 

ぜひ一度、皆さんのお宅でもシミュレーションしてみませんか?

次回は仙台支店 小松がお送りいたします!

太陽光パネルは20年過ぎても 今だ衰えず!

こんにちは!名古屋支店の三浦です。

今回は私がブログを担当させていただきますのでよろしくお願いします!

 

名古屋支店へ赴任して半年が過ぎました。

名古屋の夏はとてつもなく暑く、夜はエアコンをつけたまま就寝ということで

エコを考えることは出来ず、身の危険を感じた夏でした。

 

image3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ご契約になりました(パネル増設)

静岡県浜松市のN様宅へ現地調査へお伺いしてきました。

21年前に設置したパネル(162w 8枚 1.29kw)

当日11:00ごろ 1.00kw前後の発電量がありました。

 

GEDSC DIGITAL CAMERA

GEDSC DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンボケ写真ですみません

image2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目はとても21年前に設置した様には見えず、まだまだ現役でした。

 

これからも、まだまだ頑張って発電してくれると思います。

今までは、1.29kwの太陽光を設置していましたが2.64kwの増設をしていただくので

以前よりは、電気を創る量も確実に増えます。

上手に使って頂けると良いなと思っています。

 

これから設置を考えている方も、

現在、設置をしていて増設や電気を蓄える蓄電池の設置を考えている方も

どんな疑問でも構いませんので

(株)日本エコライフ名古屋支店までお問い合わせください。

 

次回は盛岡支店 髙橋からお送りいたします。

これからは電気を選ぶ時代!!

こんにちは!!新潟支店の池田と申します。

秋晴れの空が心地よい頃となってきました。

gahag-000010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のブログでも地球温暖化や自然災害などを話題にしましたが、

それから数週間足らずで、また爆弾低気圧が日本列島を襲いました。

これが原因で首都圏では大きく交通が乱れてしまう、

地方では暴風で死傷者が、、、農作物にも多大な影響を与える、、、

といった大変多くの被害が出ました。

この爆弾低気圧も地球温暖化が引き起こしてしまったことなのかは定かでありませんが、

最近、日本でも自然災害の話題が増えてきて、いつどこで何が起こるかわからないとても怖い状況ですよね、、

 

l_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は地球温暖化や災害などの話題とは少し変えて、

来年4月から全国で始まる、皆様もテレビ等で良く耳にする「電力自由化」についてお話したいと思います。

「電力自由化???何だろう??関係ないかな??」と思ってしまうことだと思いますが、

実は電気を使うみなさんにとってとても大事で大いに関係している取り組みなのです。

 

例えば、ご家族の人数や年齢など様々な条件で、

電気の使用量はもちろん使用する時間帯も大きく違ってきますよね。

今までは、各地方の管轄の電力さんから電気を買われていましたが、

自由化が2016年4月から始まりますと、複数の電力会社が提案している様々なプランから

自分の生活スタイルに一番合う電気料金メニューを選べるようになります。

これによって、電気料金の見直しはもちろん、限りある資源から作られている電気を、より有効に利用し、

環境への負荷を軽減できる一つの手段になる可能性があるんですね。

 

温暖化や異常気象などを踏まえ、環境負荷軽減へのアプローチはもとより、

ご自身を取り巻く 今・将来の エネルギー事情 をこの機会に少しだけみてみませんか?

パネル2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光熱費の削減・非常時の不安対策、方法は様々ありますが、

その中で太陽光・蓄電システムがぴったりな方もいますよ!

そんなお手伝いが出来たらと日々頑張っております。

皆さまとお話できる機会を楽しみにしております(^o^)。

次回は名古屋支店 三浦からお送りいたします!

未来のエネルギーを生み出す太陽光発電

株式会社日本エコライフ
長野支店の伊藤です。

今回は、長野支店の伊藤がブログを担当させて頂きます。
よろしくお願いします。

 

こんにちは、今回は長野からです。

 

最近 地球環境が変わってきましたね~
前回のブログでも取り上げておりました

『温暖化』 『CO2削減』 『エネルギー問題』

3ブログ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

地球環境に対しての取り組み

なぜ? 世界中がここまで地球の環境問題を考えているのでしょうか?

ブログ画像1

 

 

 

 

 

 

 

 

『地球の未来のエネルギー』

近年、快適で、便利な生活が進む一方で
地球環境が崩れ、温暖化が進み、未来のエネルギーを生み出そうとの取り組みが進んでいるようです。

 

私たちが住んでいる日本は、世界でも4番目に二酸化炭素を排出している国なんだそうです。

CO2はなくすことはできないとしても、これ以上の排出を抑えようと、世界中が取り組もうとしています。

私たちが住むこの日本でも、未来のエネルギーを生み出そうとしています。

快適な暮らしも、経済的な暮らしも、そして安心安全な街作りもしながら、
地球の未来に繋がっているんです。

未来のエネルギーを生み出すことで、自然、地球、未来を守ることにつながる。

 

2ブログ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来のエネルギーを生み出そう太陽光発電
安心な暮らしを考えよう蓄電池

 

5ブログ画像

 

 

 

 

 

 

4ブログ画像

 

 

 

 

 

地球の未来へと繋がる

長野支店伊藤からでした。

 

次回は新潟支店池田がお送り致します。

未来を守る

こんにちは、千葉支店の米澤です。

今回は私がブログを担当させていただきますのでよろしくお願いします!

 

前回防災の日のブログから今回更新するまでの間に関東及び東北で様々な災害が起きました。

過去に例のない大雨による河川氾濫、堤防決壊による洪水、復旧作業がなかなか進まない状況、

今もまだ避難生活を余儀なくされている方もおります。

 

千葉支店がある千葉市も突風による被害が有りました。

ニュースでご覧になった方もいると思いますが、突風が停車中の電車を直撃し窓ガラスなどが大破しました。

 

電車1

電車2

 

 

実は当社スタッフもこの電車に乗っておりました。

幸い怪我はなかったのですが非常に怖かったとの事でした。

 

最近、気候が大幅に変化してきているという指摘は多く

実際に記録的な連続猛暑日になったり、そうかと思えば夏とは思えないくらい低気温の日が続いたり、

頻発するゲリラ豪雨、そして先日の大雨

世界に目を向ければ、5月~6月インドを襲った気温50°の熱波など

 

世界中の大気の状態が不安定になっているようです。

これも地球温暖化の影響なのでしょうか。

 

地球温暖化に影響があるとされているCO2の削減は先進国のテーマとなっておりますが、

その他にも人工的なエネルギー消費量の増大もまた地球環境に悪影響を与えている一因と言われています。

 

私たち日本エコライフが販売する太陽光発電や蓄電池

経済的なメリットがクローズアップされがちですが

実は地球環境を守る大切な役割を持った商品だと考えております。

 

CO2の削減が出来るのはもとより、太陽光発電や蓄電池を設置する事で必要なエネルギーを有効的に活用できる。

逆に無駄なエネルギー消費を極力減らす事が出来ます。

 

今まで色も形も無く見えなかった家庭内の消費電力が

発電モニターや蓄電モニターを設置する事により可視化できるようになり、

いつどこにどれだけの電力が使われているか分かるようになります。

消費電力が目で見て分かるようになれば、必要な電力はしっかり使い無駄な電力を削減する事ができ、

ご家庭の消費エネルギーを上手にマネジメントする事ができるようになります。

 

便利な生活に比例して増大し続ける人工的なエネルギー消費。

これからの時代はエネルギーと上手に付き合っていく時代になっていくと思います。

エネルギーを創りエネルギーを貯め消費するという1つのサイクルを各ご家庭で上手に行う事により

地球環境を守り住みやすい地球を未来に残せると確信しております。

 

日本エコライフスタッフ一同これからも頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。

 

次回は長野支店の伊藤がお送りいたします!

 

防災の日

みなさんこんにちは!
大宮支店の佐藤です☆
9月に入りましたが、まだまだ暑いこと...
私は関東初めての夏、茹で過ぎた素麺のようにへばっています(´Д` )

暑さに負けず、原稿の締め切りに負けず(笑)、佐藤が更新していきまーす!

 

9月1日は防災の日。

めざましテレビやバイキングなど、情報番組では

最新の防災グッズが取り上げられていました。

ちなみに8月31日のめざましテレビで取り上げられた2つがこちら。

泥酔も飲み水に変えられるという「ライフストロー」

こちら↓

ライフストロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お水の備蓄はペットボトルが場所を取るため、保管場所に悩みますよね…。

こちらは1000リットルの水を濾過することが可能とのことなので、

保管にも困らず、ひとつあればかなり使えそうです(o^^o)♪

 

 

熱で発電する「バイオライトキャンプストーブ」

 

こちら↓

バイオライトキャンプストーブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖も灯りも取れて、なんとUSBが挿せるので

携帯の充電もできる優れモノ!

燃料は小枝や紙切れなので、エコなのも魅力的…

こいつ、なかなかやりおる(笑)

 

防災グッズも保管場所に困ったり、保存期間が限られたりするものもあって

管理も大変な印象でしたが…、早速実家に電話しよう。←

 

「防災」はもちろんですが、「教訓」としての番組も目にとまりました。

「3.11の警告」という副題で金曜プレステージで特別番組が組まれていました。

近い将来起こりうる“首都直下型地震”を題材に、

3.11の「教訓」と「真実」を送り、「もしも」を考えていく番組です。

 

私も当時は宮城県の沿岸部に住んでいましたので、

3.11は実体験としての「教訓」です。

余震の絶えない毎日の中、3週間以上も明かりのない夜の不安。

 

もちろん、震災時に太陽光発電が使用できたご家庭も少なくないはずなので、

電気をいち早く活用できたおうちも、弊社のお客様にもたくさんいらっしゃいます。

 

ただ、電気を本当に必要としたのは、“夜”

ダイレクトに電気を使うことはできても、

蓄えて使うことができなかったことは業界でも大きな教訓となりました。

 

懸念される首都直下型地震はもちろんですが、それも含め“備えあれば、憂いなし”。

「防災の日」をきっかけに、もう一度「もしも」を考えて、備えていかなければいけませんね。

 

太陽光はもちろんですが、蓄電池の必要性も高まってきている昨今。

我が家の「もしも」を考えてみてはいかがでしょうか。

 

佐藤も一軒でも多く、“喜んでいただける備え”をご提案できるよう、

佐藤、頑張っていきまーす!!(*゜▽゜*)

 

次回は千葉支店の米澤がお送りします☆

停電時の備えは大丈夫ですか?

こんにちは!

(株)日本エコライフ 水戸支店の渡邉です。

 

昨日(8/25)のニュースご存知ですか???

九州地方で台風による影響で停電が起きました。

 

以下YAHOOニュース参照

午前9時現在で九州全県で45万戸以上が停電中 

九州電力が25日午前9時現在でまとめた停電情報によると、

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県で、

約45万5900戸が停電している。

 

 

自然災害のニュースってホント最近多いですよね

 

実は昨日、水戸支店の事務所でも1時間の停電がありました。

 

パソコンも電話も繋がらない…

 

もう、みんなパニックです…

 

もし、夜に自宅で停電が起きたら

停電

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな状況になっていることでしょう

 

 

赤ちゃんのミルク…

子供は怖くて泣き叫ぶ…

携帯のライトもやがて充電不足で真っ暗…

 

 

そこで非常災害時の備えとしても

太陽光発電や蓄電池が大変役に立ちます。

 

 

分かっているけど予算がかかるでしょ???高いんでしょ???

 

みなさん同じ質問されます。

 

今の家計のやりくりと変わらないで導入できたら?いかがでしょう??

 

それでしかも今よりも便利なライフスタイルが過ごすことが出来たら…

 

当社では『一日一軒誰もが発電住宅プロデュース』をテーマとし、

無理なく快適な生活を送れるこれまで以上のエコライフを提案しています。

 

まずはお気軽にお問合せ下さい。

 

次回は大宮支店の佐藤係長からのblogになります!

 

太陽光パネル増設!?できるの?

こんにちは!

(株)日本エコライフ 仙台支店の菅原と申します!

 

さて、この夏皆さんどう?お過ごしでしたか?

毎年毎年、異常気象と言われてるのを

メディアで耳にしたり目にしたり自分自身で感じたり・・・・

とにかく猛暑が続きましたね!暑かった・・・・(>_<)↷

 

話は変わりますけど、先日福島県二本松市のK様邸に増設させて頂きました。

図1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約10年前に、3.6KWつけられておりましたが・・・・

全然月々の電気代を賄えていないとのお話を頂き

スペースが余っている屋根プラス野立てのご提案をさせて頂き、

無事6.15KWの増設が終わりました。

図2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合計KWが9.75KWとなりまして

これから既存の太陽光パネルで賄えていなかった

電気代の節約に長州産業さんのパネルで繋がると思います。
K様、ありがとうございました!

一般のご家庭の皆様も諦めないで下さい。

スペースがあれば野立て設置出来ますよ!

まずは、お気軽に

もっと節約出来るじゃない!?

と1%でも思っていたらご相談ください。

「光熱費ゼロシステム」「スマートハウス」「エネルギー自給自足の家」
目指しましょう!!

エコな生活、無駄なお金を払わない生活、地球防衛隊を・・・・。

 

次回のblogは、水戸支店の渡邉社員からお送りいたします。

  • シミュレーション

  • シミュレーション
  • 「我が家で太陽光はどれぐらい発電するの?」が知りたい方は、コチラからお気軽にお問い合せください。

  • お問い合わせ
  • お見積もり

  • お見積もり
  • 「我が家ではいくらかかるの?」が知りたい方は、コチラからお気軽にお問い合せください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求

  • 資料請求
  • 「詳しい資料をみて考えたい」という方は、コチラからお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせ

Copyright @ Nihon Ecolife Co.,Ltd.All Rights Reserved.